たびたび君、北へ南へ 四国・九州
FC2ブログ
旅を愛するぬいぐるみ人形「たびたび君」が北へ南へ!日本全国250カ所のユースホステルに泊まって、体験プログラムを体験しちゃいます!
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飲んでるうちに?七周年
月日が経つのは早いものです。
つい先年オープンしたばかりのような気がしたのに…

8月9日 高知ユースホステル(高知県)
「酒の国便り」
高知ユースホステルが昨日、オープン7周年記念を迎えたそうです
おめでとうございますこれからもずっと、たくさんの旅人を迎えてあげてください。
希望者は無料のお酒のテイスティングを楽しんだそうで、ユースのブログには、そのときのお酒の名前が美味しそうに並んでいます。

高知YHの利き酒教室

高知は今日からよさこい祭り
高知ユースホステルではオリジナルの鳴子を作成したそうなので、ぜひこれをもって祭りに飛び込んでみては。
龍馬で盛り上がる今年の夏は、めちゃくちゃアツそうですよ!
連想ゲーム始まる
日本が世界に誇るサブカルチャー、漫画・アニメ
若者中心の文化のようにも感じますが、年配(失礼)のペアレントさんだって、同じ年の頃には夢中になったものです

7月23日 国東半島国見ユースホステル(国東市)
『太陽光発電所日記「電々虫はいそがない」』
国東半島国見ユースホステルの窓に、二匹のナナフシがくっついていたそうです。
木の枝に化ける擬態を使うこの虫、ペアレントさんが連想するのは、横山光輝さんの漫画『伊賀の影丸』だとか。
この漫画を語りだすと止まらない様で、周りの記事に比べて圧倒的なボリュームの違いが

国東半島国見ユースホステル

横山光輝といえば、管理人にとっては『三国志』ですが、その他にも鉄人28号や魔法使いサリーなど日本の漫画・アニメ史に残る作品をたくさん送り出した巨星。
それにしても、伊賀の影丸って週間少年サンデーで連載してたんですね
四万十川で癒される~
健康と癒しとが必要な現代にぴったりのユースといえば、こちら

7月11日 四万十川ユースホステル(四万十市)
「四万十川ユースホステル歳時記」
四万十川ユースホステルでは、地元で採れた新鮮な野菜を使った薬膳料理を提供しています。
揚げたて、焼きたて、作りたての「タテもの」にこだわっていて、洋風薬膳・和風薬膳・四万十薬膳を日替わりで出してくれるので、連泊しても大丈夫
お品書きには薬膳料理の薬効やカロリーも表示されていて安心です

四万十川ユースホステル

日本最後の清流・四万十川は、それ自体が大きな癒し。
ユースのリクライニングチェアーでのんびり昼寝や読書を楽しむもよし、カヌーで運動をするもよし。
一泊だけでなくぜひ連泊して、心と体をサラサラにしていってください
湯布院のスパイダーマン
ゴールデンウィークと夏休みの間の6月は、宿泊業にとってオフシーズン。
でもこういうときこそ、お客さんがいるときにはできない館内の整備をしなければならないので、ペアレントさんには休む間がありません

7月2日 湯布院カントリーロードユースホステル(大分県)
「湯布院から風のささやき」
湯布院カントリーロードユースホステルでは、館内の床のニス塗りを行ったそうで、写真を見ても、その輝きのほどがよくわかります
塗った床の上を歩かないように、壁伝いに移動するペアレントさんがスパイダーマンのようですね
その晩はニスの臭いでラリラリにならないように、別府に行って泊まったとか。

湯布院カントリーロードユースホステル

コンビニやスーパーでは、スタッフの手が空くとよく機械を使って床磨きをしていますが、これは床のワックスに照明が反射し、棚を照らして商品をきれいに見せる効果があるそうです
例え建物が古くても、床がピカピカだととてもきれいに見えるもの。ご家庭でも試してみてください
宇和島グランプリ
昨日、自動車レースF1のヨーロッパグランプリが行われ、日本人ドライバーの小林可夢偉選手が見事7位入賞しました。
ファイナルラップで2台をオーバーテイクしたのはすごかったですね!
今日のブログは、ひたすら速さを競うF1とは異なる、「遅さの中の速さ」を競うレースの紹介です。

6月22日 森の宿うわじまユースホステル(愛媛県)
「☆☆森のクマさん徒然草 ~森の宿うわじまユースホステル☆☆」
森の宿うわじまユースホステルのペアレントさんがお子さんと、「亀レース」の宇和島グランプリを見に行ったそうです。
読んで字の如く、亀を競争させるこの大会。宇和島の風土にピッタリののんびりしたレースだそうです
ペアレントさんのお子さんがチョイスした亀が見事1着になり、プラモデルをゲットして大喜びだったそうで、良かったですね。

宇和島名物じゃこてん

写真を見ると亀レースって、コースが仕切りで区切られていなくて、亀が右に行くか左に行くかもわからないんですね
亀がいつゴールするのか、見るほうの忍耐が試されるレースでもある?
Copyright © 2018 たびたび君、北へ南へ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。