たびたび君、北へ南へ 知床の春
旅を愛するぬいぐるみ人形「たびたび君」が北へ南へ!日本全国250カ所のユースホステルに泊まって、体験プログラムを体験しちゃいます!
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知床の春
関東は暑い日が多くなってきて、なんだかすっかり初夏の感じ
一方で、知床岩尾別ユースホステルのブログはようやく訪れた春の喜びに満ち溢れています

5月11日 知床岩尾別ユースホステル(北海道)
「知床・世界遺産の中から通信」
知床ではエゾヤマザクラが開花し、エゾシカの角の生え変わりが進んでいるそうです。
北海道の春は短いそうで、あっという間に初夏になってしまうとか
北海道のシーズンがもう間近に迫っていますね。

知床の大自然

ところで、高速道路の料金が千円に値下げになって、マイカーで関東から北海道に行こうと考えた場合、延々青森まで東北自動車で走って、青函連絡船に乗ったほうが安上がりかな?とか考えたのですが、そんなこともないようです
大洗~苫小牧間のフェリーは、「北海道フェリーパック」で往復4万8千円(往復乗船券、YH宿泊券1泊分、乗用車航走料込み)。
一方、出発点を同じ大洗として、大洗→青森→函館とした場合、高速料金は往復2千円ですが、ガソリン代が青森往復およそ1万円、青函連絡船が往復でおよそ3万~3万5千円。
運転の手間を考えれば、大洗からフェリーに乗ってしまった方がよさそうです

もっとも、知床に行く場合は、おとなしく女満別まで飛行機で行って、レンタカーを借りた方が早くて楽かもしれませんが
この夏も、皆様が北海道で素敵な旅ができますよう願っております。

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 たびたび君、北へ南へ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。