たびたび君、北へ南へ 2009年04月15日
旅を愛するぬいぐるみ人形「たびたび君」が北へ南へ!日本全国250カ所のユースホステルに泊まって、体験プログラムを体験しちゃいます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユースホステルの舞台裏
ユースホステルに限らず、宿泊業には様々なトラブルがつきもの。
もちろんトラブルが起こらないように努力しておりますが、完全に防ぐことはできないのがトラブルというものです。
そんなときも宿の対応一つで、お客様の悪印象を払拭し、場合によっては好印象を与えることもできます。

今日は、そんなユースホステル運営の裏側をちょっとだけご紹介します。

4月5日 北軽井沢ブルーベリーユースゲストハウス(群馬県)
「軽井沢日記」
土曜日に突然の断水が起こったとのこと。
水が経たれるとトイレもお風呂も使えなくなるし、料理もできなくなるしで、宿にとっては致命傷です。
お風呂は近くの温泉に送迎し、トイレや料理は給水車の水でしのいだそうです。

北軽井沢ブルーベリーYGH

3月15日 松山ユースホステル(愛媛県)
「大統領の談話室」
ちょっと昔の記事ですが、こちらは停電。
夜間の停電とのことで、ローソクが大活躍だった模様。
あいにくの日曜で電気工事屋さんもなかなかつかまらず、大変だったとか。お疲れ様でした。

松山ユースホステル

それにしても、トラブルというのはなんとも間の悪いときに起きるもので、土曜日と日曜日、そんなお客様がいらっしゃるときに限って起こるものなんですね。
お客様にできるだけご迷惑をおかけしないで済むよう、忙しく飛び回るペアレントさんの姿が目に浮かびます。
お客様にもきっと、その姿は理解していただけたことでしょう。

トラブルに遭遇してしまったお客様には大変申し訳ありませんが、ユースホステルの方でも誠心誠意対応しますので、あまり怒らないであげてください。
どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト
Copyright © 2017 たびたび君、北へ南へ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。